日記・コラム・つぶやき

2017年6月 5日 (月)

美化し過ぎかもしれないけど

SMAPって、本当に、時代と環境(というか、境遇)が生み出したグループだと思う。

よく言われているのは、彼らがデビューしたときは音楽番組がほぼ終わっていた。そこから、バラエティに活路を
求めた、とか。
いろんな出来事(試練)の中で鍛えられた、とか。

当時のことはほとんど知らない。でも、吾郎さんの会見にビクターさんが場所を提供してくれた、とは聞いた。
木村くんの結婚にメリーさんが激怒した、とも。(なんで結婚で激怒されなくちゃならないんだ!?)
冷遇されていたのだとすれば、そういう冷遇が逆に彼らを強くしたと思う。正しい判断力と人間力が培われたと思う。

冷遇されていたから、弱い者の気持ちが実感としてわかるようになった、とかね。

逃げないこと。嘘をつかないこと。正面から本気で向き合うこと。
そういうのって、事務所に厚遇されて、事務所に気を遣いながら「言っていいこと・悪いこと」を学ばされて
いたら、身につかないものだから。

そして、30代の終わりに出会った東日本大震災。
ファンの中で、「あのときから彼らが変わった」と言う人がいる。
そうなのだとしたら、本当に責任ある判断ができる年齢になった、ちょうどその頃に、求められ、決断した、
ということなのかも。
だって、財団の発起人になるって、大変なことだと思うから。
一緒に名前を連ねているのは王さんと孫さん。そこに対等に並ぶんだよ。
それを、“SMAP”の名前で、決断した。

私は遅れてきたファンだから知らなかった。毎週毎回、彼らが募金の呼びかけを撮り直しているということ。
それは多分、発起人になるという覚悟を決めたことから、必然的に導き出されているんだろう。

筋を通す人たち。嘘のない人たち。きちんと向き合う人たち。

彼らは自分で道を切り拓いてきた。
時代が違っても、環境が違っても、SMAPは生まれなかった。
でも、時代と環境があったからって生まれるものでもない。
それは、あの5人の、希有な出会い。あの、信じがたいバランス。バラバラな繋がり(笑)。

SMAPは、「解散後、求め続けたファンの声に応えて再結成した最初のグループ」になる。
絶対にそうなる。信じてる。信じられる。

SMAPこそ、伝説にふさわしい。

2017年6月 4日 (日)

そのサインを待つ

ツィッターで幾つか見かけた。FC退会に伴う会費返金手続きについてのスマヲタさんの思い。ブログに書いてた
人もいた。「FCと切れたからといって、SMAPと切れるわけではない」と。

私は遅れてきたファンだから、残念だけどその気持ちを共有することはできない。でも想像はできる。
例えば私が今関わっている、あること。もう20年以上になる。そこから退く日もそう遠くはないと思っている。
その退き方が、もしも惜しまれてでなく、自分がイメージしていた形ではなく、追われるように、だったとしたら。

実際、今のスマヲタの皆さんの退き方は、それに近いものね。

長い長い時間をかけて積み重ねてきた、歴史、自分の分身、まさに自分の一部。あの時この時の自分が、共に
過ごした年月が、その時の気分まで、浮かんでくるんでしょうね。
「ほんの5、60年一緒に」「おじいちゃんになるまで」と思っていた‥‥。

で。

「ジャニーズ事務所を許さない」というハッシュタグがある。これを、5人はどんな思いで見てるだろうか。

彼らも同じなんじゃないかと思う。

事務所って、たぶん“親”だよね。先輩や後輩は兄弟、かな。小さい頃、可愛がってくれた記憶。叱られた記憶。
世話してもらった、慰められた記憶。たとえ今は冷たくされていても、まるで継子イジメみたいにされていても、
楽しかったことだって、嬉しかったことだって、絶対にあったよね。褒められて喜んだり、自慢したことだって。

親の悪口を言う人に、心から賛同できるだろうか。

その人たちの言うことが当たっているとしても。心から自分たちのことを思って言ってくれているのはわかって
いても。いや、当たっていればこそ、なおさら。つらいよね。
酷い親でも、やっぱり自分の親なんだよね‥‥。

だから私は、我慢しようと思う。言いたいけど、できるだけ我慢する。
それはもちろん、見て見ぬ振りをすることじゃない。ダメなことは誰に対してだってダメ。イジメには抗議する
し、止めに入る。応援が大きければ牽制になる。
でも、自分の感情に任せて言いつのることはしない。冷静に、根拠をもって言わないと、相手は硬化するし、
まわりも段々と引いて、私的な争いごとになってしまう。


待つしかないと思ってる。5人が自分たちの方法を見つけるまで。納得できるタイミングを掴むまで。

その時はきっと、サインをくれると思ってる。

杞憂ならいいのだけど。

最近は Twitter でつぶやくことの方が多くて、1カ月以上間が空いちゃった。ま、いいか。このブログの目的は
「意見表明と、少しだけ感想」だから。

気付いている人もいると思う。慎悟くんとほかの4人のメッセージが少し違っていることを。
去年の8月(解散表明)と、12月の(最後の)メッセージ。

ほかの4人は、2度のメッセージの両方に、あるいはどちらかに、何かしら「これからもよろしく」とか、今後に
向けたニュアンスの言葉が入っている。
慎悟くんだけは、それがどちらにも、どこにもない。
だから、ちょっと気になっている。

9月の契約更新のための、3カ月前の予告。それが今月にある。芸能マスコミは早くもアレコレと憶測記事を
書いている。他の事務所に移るだろう、とか、飯島さんと合流するのでは、とか何とか。私は、そうでは
ないんじゃないかと心配している。

杞憂であればいいのだけど。

2017年4月24日 (月)

なぜ木村くんだけが

なぜ、木村くんはワッツの名前を変えなかったのか。

木村くんは、自分の口で「解散します」と一度も言っていないから。

単純明快である。

中居くん、吾郎さん、剛くん、慎悟くんは、8月にたった一度だけ、自分の口でその言葉を発した。
そうせざるを得ない状況に追い込まれて。具体的に事務所と何があったのかはわからないけれど。

ただ、それはあくまで内部の事情。本人が望んだか望まなかったかは、外部の人間には関係ないこと。

社会常識として、「解散します」と言った当人がグループの名前を使い続けるって、変でしょう、普通は?

その言葉がもたらす結果がどれほど重いか。大きいか。
だからこそ、責任は取る。けじめはつける。それは、事務所が許すとか許さないとかいうこととは関係
ない。その意味で、4人は筋を通した。

木村くんは言ってた。どうするか結構悩んだ、って。自分の口では言ってなくても、グループが解散
するのは事実。
でも、リスナーのみんなが後押ししてくれた、とも。

自分は言っていない。変えなくても許される(事務所に、じゃないよ!)。どちらでも選ぶことができる。
それなら、SMAPの旗を掲げ続ける。守り続ける。
そう考えたんだね。きっと。
みんなが戻ってくるときのために。

木村くんだけが許可された、とか言う人。笑っちゃうな。事務所が許そうが許すまいが、彼はそれが
正しいと思ったら絶対に曲げない。闘う。結婚だってそうだった。そうやって勝ち取ってきた。

筋が通ってるかどうか。彼にとってまず大事なのはそこ、なんだと思う。

2017年4月19日 (水)

木村くんの位置情報

昨日の報ステのインタビュー。

4人に、見て欲しいな~、と思った。
あれは、今の木村くんの位置情報だから。

前から、「5人はそれほどベタベタした仲良しじゃない」「お互いの連絡先も全部は知らない」
といわれていた。ワイドショーなんかでも、別のタレントさんが「当人は案外情報に疎いん
ですよね」と言ってた(だからコミュニケーションミスが起きる、って)。

むげ人の番宣インタビューなんか見なくていいから(ゴメン!私たちには嬉しいインタビュー
だけど、4人にとっては、という意味ね!)、純粋に、今、木村くんはここにいるよ、という
位置情報として。

別々の船に乗って船出した5人。
いずれ同じ港に着いて、一つの船に乗り換えるために、
今、木村くんはあのあたりだ、と。

受け取ってね。

それにしても、芸能マスコミでなく報道マスコミだからできたインタビュー。
富川アナ、ありがとう。

2017年4月18日 (火)

解散は文春のせい?

どこで見たコメントだったかなぁ。ヤフコメだったかも知れない。twitter ならRTしてただろうから。書いた方、
勝手に引用ごめんなさい(完コピです)。

最近ちょっと思うんだけど、事務所の対応は論外として、SMAP解散は
文春のせいもあるんじゃないだろうか。元々事務所内でゴタゴタは
あっただろうけど、文春がいらん記事書いてメリーにまで取材して。
あれがなかったら、解決はしないかもしれんが、飯島さんが退社に
追い込まれるまでいかなかっただろうし、SMAPの独立話も出なかった
のではないだろうか。
文春が起こさんでいいばあちゃんを起こすから…。

最後の1行が笑ってしまった。「でも、お祖母ちゃん、それ被害妄想だよ」に通じる気がして。

2017年4月17日 (月)

4vs1の構図のこと

スマステのゲストに中居くんが出る。すごく嬉しい。
慎悟くん、「会うのは久し振り」と言っていたから、プライベートでは会ってないんだろうね。
3カ月かぁ。
会えてよかった。

次の週にもし木村くんが来てくれたら、もう爆発しちゃいそう。twitter にもそんな声がいっぱい。そうなったら
本当にすごい!

でも、たぶんそれはないかな。

もしも、もしも本当に、4vs1の構図があるとしたら(あくまでも仮定)、
その溝は、去年の夏に生まれたんじゃないだろうか。
マスコミが書き立てるのとは全く違う時期、違う理由。

「解散」発表のとき、木村くんはハワイで休暇中だった。決定を聞かされ、電話口で茫然としていたという。
誰か見た人がいるのかどうか知らないけど、どんな雰囲気だったのかは容易に想像できる。このあたりは、
報道を全否定する気はない。

木村くんが了解していたのは「長期休養」だったという。それが、自分がいないところで結論が変わった。
そんな場合、普通はどう思うだろうか。


「心が動かなくなってしまった」慎悟くん。絶対に解散反対を曲げない木村くん。


慎悟くんの親友、つよぽん。
つとぷと下二人の間にいた吾郎さん。
そして、「100人相手でも、10人がつっかかってきても、SMAPを守れる」と言い切った中居くん。

当時の流れ、勢い、空気。そんなものもきっとあったと思う。人間なんだから。
時間が経てば変わってくるものもある。

誰も、悪くない。

2017年4月13日 (木)

SMAP再結成の条件

twitter にはスマロスの悲鳴と涙と愛が溢れてる。

このブログの記事としては早すぎるかも知れないけど、そして後発ファンとしてとてもそんなこと書けるような
立場ではないけれど

それでも
本気で
冷静に
考えてみる。

SMAPの再結成について。

再結成に必要なのは、
  1.メンバー5人それぞれの意思
  2.周囲の環境(事務所、業界、社会・・・)
そして
  3.大義名分 & きっかけorタイミング
普通はこの3つ。だと思う。


ふぅ~~。
ダメだダメだダメだ。どれ一つとっても、まだとてもそんな状況じゃない。

冷静に、冷静に、冷静に。

それなら、今ファンができることは何だろう?
何をしたら、それを少しでも整えることができるだろう??

2017年4月12日 (水)

木村担です。

5人のSMAPが大好きです。基本は木村担です。

今さら、という思いもあるのだけど、ブログを開設したくなったそもそもの理由がここなので、書く。
それだって憶測でしょ?と言われても書く。

見てきたような嘘を書く芸能マスコミが嫌いです。
ああいう記事(&ヤフコメ)を書く人たちは、自分が目先の利害で動くから、自分が短期的な見方しか
してないから、他人もそうだろうと思ってる。

木村くんが「裏切る」なんて、あり得ない! 気性がまっすぐの、負けず嫌いな、ちっぽけな利害なんかに
左右されない彼が。
あり得ない!!!

「静香さんに説得されて、家族のために翻意した」って?
あり得ない!!
そんなことを後から考え直すような男じゃない!

何度でも言う。あり得ない!
ヤフーニュースでの下げ記事なんかを見る度に、悔しくて仕方がない。
木村くんを自分と同じ物差しで測るんじゃない!!!

一昨年(15年)の中頃?に一度独立の話が出たとき、木村くんは「筋が通らない」と反対して、その話は
なくなったという。その後、なぜかまたそれが復活し(あるいは水面下で続いていて?)、木村くんも
同意して話が進んだとされ、そして暮れになってまた木村くんが翻意した。だから裏切りだ、と。

おかしくないか? 木村拓哉が、ブレない男、逃げない男として有名な木村拓哉が、そんなにコロコロ
変わるなんて。
「無限の住人」が撮影に入っていて(公開は17年の春と決まっていて)、冬ドラマ(A LIFE) の予定も
あって、それらモロモロを放り出すことになる、そんな選択をする男か、木村くんは?

彼の意思は最初から一貫していたと思う。だけどそれがどこかで違って伝わった。
見込み運転なのか見切り発車なのか、コミュニケーションミスなのか。
あるいは、一旦終わった話を誰かがわざとリークしたのか。
本当のところはわからない。でも、それを言うと犯人探しが始まって、誰かを責めることにつながり
かねないから、彼は何も言わないんだ、と私は思っている。
(4/19一部加筆)

事務所を非難するのは・・・

事務所を非難する言葉をたくさん見かける。
私も、感じることはいろいろある。

でも、書かないでおこうと思う。

誰かも言っていた。「事務所を攻撃するファンが大勢ついているタレントを、快く思うはずがない」って。

再結成する場合には、過去のさまざまな複雑な権利関係を一つひとつ丁寧に整理しクリアしていかなくちゃならない。
そんなとき、気持ちよく・・・ではないにしても、きちんと応じてもらうためには、こちらも大人でなくてはならない
と思う。
憶測や噂で事務所を攻撃するのは、彼らの困難を大きくする結果にしかならないのではないだろうか。

何よりも。
彼らを育てたのは事務所。場を与えたのは事務所。途中からあんまり厚遇されなくなったという噂はある。
飯島マネージャーさんこそが育ての親、という見方もあるだろう。
遅れてきたSMAPファンである私は、これまでの28年間のことはほとんど何も知らないから。

それでも、事務所が彼ら5人(6人)の生みの親であり、一定の年齢までの育ての親であるのは紛れもない
事実なんじゃないだろうか。彼ら自身も事務所に恩義を感じていると思う。そんな恩知らずな人間じゃないと思う。
芸能界って、そういう点には厳しいと思う。

ここ1~2年のことだけじゃなく、28年間の彼らと事務所の長い歴史の中で、彼らを取り巻く先輩や後輩、業界全体の
関係の中で、どうすれば前向きに彼らを応援できるかを考えて行こうよ。

その他のカテゴリー