« そのサインを待つ | トップページ

2017年6月 5日 (月)

美化し過ぎかもしれないけど

SMAPって、本当に、時代と環境(というか、境遇)が生み出したグループだと思う。

よく言われているのは、彼らがデビューしたときは音楽番組がほぼ終わっていた。そこから、バラエティに活路を
求めた、とか。
いろんな出来事(試練)の中で鍛えられた、とか。

当時のことはほとんど知らない。でも、吾郎さんの会見にビクターさんが場所を提供してくれた、とは聞いた。
木村くんの結婚にメリーさんが激怒した、とも。(なんで結婚で激怒されなくちゃならないんだ!?)
冷遇されていたのだとすれば、そういう冷遇が逆に彼らを強くしたと思う。正しい判断力と人間力が培われたと思う。

冷遇されていたから、弱い者の気持ちが実感としてわかるようになった、とかね。

逃げないこと。嘘をつかないこと。正面から本気で向き合うこと。
そういうのって、事務所に厚遇されて、事務所に気を遣いながら「言っていいこと・悪いこと」を学ばされて
いたら、身につかないものだから。

そして、30代の終わりに出会った東日本大震災。
ファンの中で、「あのときから彼らが変わった」と言う人がいる。
そうなのだとしたら、本当に責任ある判断ができる年齢になった、ちょうどその頃に、求められ、決断した、
ということなのかも。
だって、財団の発起人になるって、大変なことだと思うから。
一緒に名前を連ねているのは王さんと孫さん。そこに対等に並ぶんだよ。
それを、“SMAP”の名前で、決断した。

私は遅れてきたファンだから知らなかった。毎週毎回、彼らが募金の呼びかけを撮り直しているということ。
それは多分、発起人になるという覚悟を決めたことから、必然的に導き出されているんだろう。

筋を通す人たち。嘘のない人たち。きちんと向き合う人たち。

彼らは自分で道を切り拓いてきた。
時代が違っても、環境が違っても、SMAPは生まれなかった。
でも、時代と環境があったからって生まれるものでもない。
それは、あの5人の、希有な出会い。あの、信じがたいバランス。バラバラな繋がり(笑)。

SMAPは、「解散後、求め続けたファンの声に応えて再結成した最初のグループ」になる。
絶対にそうなる。信じてる。信じられる。

SMAPこそ、伝説にふさわしい。

« そのサインを待つ | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514559/65371228

この記事へのトラックバック一覧です: 美化し過ぎかもしれないけど:

« そのサインを待つ | トップページ